初心を忘れず


万丈の気を吐いたり、吸ったり.........。


たいがいの事には驚きもせず今日を生きているれど、

健康を取り戻す手だてとなった気功に対しては、時がたつごとに敬いを感じます。


あの苦しみからのがれられた悦び。

年齢とともに乱れるといわれるカラダが逆に整っていく様で、

一生の財産を伝授してくださった師には足が向けられない。



国民性の違いがうむ考え方の相違などもあって、師に背いた過去があります。

それでもすり込みされたものはこうしてしっかりカラダに宿るものですね。


あの時、なぜああ言われたのか?

あの功法の意味は何だったのか?


答えは日々の継続をもって追うごとに体感として現れる。



地球という惑星に生息し、肉体と精神をもちあわせる人体。

今年も変わらず探究心に燃えてます。







トータル・ヘルス・ケア 美々庵
http://www.mimi-an.com
[PR]

by mimian9 | 2012-01-12 19:24 | 徒然日記