2009年 09月 23日 ( 1 )

基礎代謝・新陳代謝の原点

基礎代謝は、何もせしないでじっとしていても、生命を維持するために行われている体内活動です。眠っている間も体温を維持し心臓はずっと働いていて全身に血液を巡らせてます。呼吸もしているため肺にも休暇はありません。睡眠=お休みと思いがちですが、実際の体内は年中無休の営業をしているのです。その最低限の活動には当然エネルギーが必要となるのだけど、年齢と共に体内のガソリンが減っていくため基礎代謝は低下していくことになります。一方、新陳代謝は、古い細胞が新しいものに次々と生まれ変わる活動のことで、そのためにももちろんエネルギーが必要とされます。毛髪や爪が伸びていくように皮膚(体表)も体内も、すべて細胞で作られている私たちのカラダは常に生まれ変わっているのです。

気功は原点の人体エネルギーを高めていくので「基礎代謝」が復活されていきます。
私自身の体験からいいますと、病気を治すために始めた気功が、治癒以降も知らずのうちに体温は安定し、「疲れた〜」という感覚がまったくといっていいほど無し。髪の伸びが早まったため美容院へ通う周期がかわり、いくつか筋目があった爪もすっかり綺麗に。いつのまにか肌のキメも良くなっていたので、今はそのへんのドラッグストアで売っている炭石鹸で洗顔してNIVEAを簡単につけるだけ。ファンデーションがいらなくなり、全身がまさにターボエンジンのようです。

車を購入してもガソリンを入れなくては起動しないわけで、中古になれば燃費は悪くなり、あちこち不具合がでてくるのは人体も同じ。メンテナンスをし、労りながら自身とつきあって自己ベストを維持していくのが賢いやり方です。
基礎代謝が低下してくると、肌のハリが失われ、疲れやすく、脂肪燃焼能力も落ちることから”メタボ”になる人もいます。ローカロリー、0カロリーの食品や飲料がはやるのは、それだけ代謝機能の低下が一般化&低年齢化してるとみてよいでしょう。基礎が不足しているのですから、栄養のあるものを食べてもたいして吸収されなかったり、余分なものを吸収してしまったり。体内で働く工員さんたちの作業効率が下がることでいろいろと体調変動がみられ、それが「未病」のサインにもなります。走りを良くする(=新陳代謝)ためにはエンジン(=基礎代謝)を整えることです。しかし、その基礎活動にもエネルギー(ガソリン)が必要だということを覚えておきましょう。

基礎代謝がガス欠状態なのにランニングなどで心肺に負担をかければ、ガソリンをどんどん消耗して枯れていく・・・賭け事で負けた分を取り戻そうと、再び賭けてスッカラカンになるケースになんだか似ているような氣がしませんか?

体温は体内エネルギー量の目安になります。月経年齢の女性には周期による体温変動がみられますが、一般成人で36.5が基準。「元気!」と思われる人でも、平常時(何もしていない時)にぜひ検温してみてください。基準数値に満たない場合は実質エネルギー不足、退化のサインです。もともと低体温体質の方は、もともとエネルギー(=氣)が少ないタイプですから、すり切れや燃え尽きにならないよう、さらに生活自制を心がけるようにしましょう。
 
[PR]

by mimian9 | 2009-09-23 10:42 | 時事情報